主婦のつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 亀の首吊り自殺未遂事件

<<   作成日時 : 2010/04/21 11:33   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

制服事件(前回ブログ記事:http://mk2hsakura.at.webry.info/201004/article_5.html)から
2週間も過ぎてしまった。。。早い!!

我家では、またもや事件が起こったのである。
それは・・・・

「亀の首吊り自殺未遂事件」。

我家の亀。
ミシシッピミドリガメは、デカとチビの2匹だが、
その1匹のデカ亀が、昨日事件を起こした。

この子は、よく脱走するので、水槽の上に
白い金網をゴムベルトで止めてある。
甲羅の大きさが25cmはあるであろうか。
甲羅干し用の台の上に載り、
そこから顔を出し、手や頭を使って
この金網を動かしてはよじ登って脱走を企てるのである。
既に2〜3回脱走している。

それじゃ、と こちらも脱走しないようにゴムベルトをずれないよう
ぎゅっと張り、金網をずれないようにしたのだった。

しばらくはこれで落ち着いていた。

昨日のお昼過ぎ頃だった。
いつものように、金網から顔を出しているかのように見えたので
水槽のところまで行って頭をそっとたたいてみた。

動かない。
ピクリともしなかった。
3cm四方の金網の枠から顔を出し、手まで一緒に入れている。

もしかして、これって動けないんじゃ???

もう一度、たたいてみたが、少し口を開けて威嚇するだけで
動かない。
いえ、動けない。。。

これって緊急事態?!!

亀の目がデメキンのように飛び出してきている。
目が白くなってきた。。。

急いで仕事中の旦那に連絡した。

様子を見に来て、急いでニッパとペンチを取りにいった。

亀の手が、ぐったりとしてきた。

既に目を閉じている。。。。

旦那が戻ってきて、金網を切った。
が、亀は以前と動かない。

未だダメか。。。
もうダメか?


そして、もう1箇所切除。

亀は、水槽の中にバタンっと落ちた。

しばらく様子を見ていたが、
目は以前と同じように戻り、手は痛いのか体の横につけたまま
じっとしていた。

危機一髪のところで何とか助かった亀。
これに懲りて、金網から顔を出す事はないだろう。
っと、思っていた。

が、所詮亀です。
今朝もまた、セッセコセッセコとよじ登っている。
一回寝ると忘れるんかい?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
亀の首吊り自殺未遂事件 主婦のつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる